休廃止鉱山

休廃止鉱山を抱える地域の安全・安心、そして繁栄へ

鉱山跡地の鉱体と接触した処理水は、適切な水質基準をクリアして自然流域へ放流されます。どのくらいの水量が鉱体と接触し、どの程度まで処理しなければならないかは、鉱山の立地条件、気象、地形、地質等の自然環境条件によっても異なります。

事業者が取り組む発生源や漏洩防止のための様々な対策効果を数値化するには、地域毎に異なる現在の状態をベースラインとして適切に捉える必要があります。

私たちは、過去の膨大なモニタリングデータを用いたモデリング・可視化技術を統合し、スマートで適正な管理技術の立案へ貢献します。

実績例

  • 鉱山跡措置事業フレームワークの検討
  • 環境モニタリングデータのバックグラウンド分析
  • 統合型流域モデリングによる地下水流動経路の調査

水資源

水辺の環境

休廃止鉱山

放射性廃棄物地層処分

洪水氾濫

土壌・地下水
汚染・浄化

その他の自然科学・工学領域