Research Achievements

Journal Papers
  • 森康二,田原康博,多田和広,細野高啓,嶋田純,松永縁,登坂博行, 流域スケールにおける反応性窒素移動過程のモデル化と実流域への適用性検討,地下水学会誌58(1),63-86
  • Mori, K., Tada, K., Tawara, Y., Ohno, K., Asami, M., Kosaka, K., Tosaka, H., 2015: Integrated watershed modeling for simulation of spatiotemporal redistribution of post-fallout radionuclides: application in radiocesium fate and transport processes derived from the Fukushima accidents, Journal of Environmental Modelling & Software, 72, 126-146, 10.1016/j.envsoft.2015.06.012
  • 森康二, 谷芳生, 多田和広, 中尾健児, 登坂博行, 2012. 地上・地下流体連成現象を考慮した流域水循環系のメタモデリング, 土木学会論文集B1(水工学),68(4), 583-588
  • 森康二, 多田和広, 内山佳美, 山根正伸, 登坂博行, 2011. 陸水・流砂連成解析手法の開発, 土木学会論文集B1(水工学)、67 (4),739-744.
  • 森康二, 多田和広, 登坂博行, 岡本修一, 藤原愛, 2005. 人工バリアシステムの原位置ガス移行挙動試験における2相流モデリングの適用性に関する検討,岩盤力学に関するシンポジウム講演論文集(土木学会), 第34巻, 41-48.
  • Kato, K., Okumura, T., Segawa, T., Unno, T., Greenidge, D., Nishioka, Mori, K., Tosaka, H., Nagaosa, K. 2015. Unveiled groundwater flushing from the deep seafloor in Suruga Bay. Limnology, 16(2), 79-83
  • Tawara, Y., Hazart, A., Mori, K., Tada, K., Shimura, T., Sato, S., Yamamoto, S., Asano, H. and Namiki, , 2014. Extended two-phase flow model with mechanical capability to simulate gas migration in bentonite, Geological Society, London, Special Publications, 400 (1), 545-562.
  • Yamamoto, S., Suzuki, K., Kumagai, M., Tawara, Y. and Mori, K., 2011. Gas transport properties of pumice tuff for performance assessment of LLW disposal facility. In ASME 2011 14th International Conference on Environmental Remediation and Radioactive Waste Management, American Society of Mechanical Engineers, 917-923.
  • 内田洋平, 安川香澄, 大谷具幸, 森康二, 2005. 仙台平野における地下温度構造に関する研究 その 3次元地下水流動・熱輸送広域モデルの構築, 日本地熱学会誌, 第27巻2号, 115-130.
  • 天満則夫, 安川香澄, 内田洋平, 大谷具幸, 森康二, 2007. 地中熱を主要な熱源とした場合の地下への採廃熱によって起こる温度変化に関するシュミレーション―仙台平野における地下温度構造に関する研究 その2―, 日本地熱学会誌, 第29巻1号, 13-23.
  • 嶋田純,伊藤沙希,荒川祐介,多田和広,森康二,中野慧,利部慎,松永緑, 二毛作水田地帯における施肥起源の窒素負荷による浅層不圧地下水中の窒素収支の検討―地下水観測結果を踏まえた地下水シミュレーションに基づいた考察 ―,地下水学会誌,57(4),467-482.
  • 細野高啓,林殷田,アルバレス・ケリー,森村茂,曾祥勇,森康二,田原康博,松永緑,ホセイン・シャハダット,嶋田純, 地下水硝酸汚染研究における最新のトレンドと今後の方向性:熊本地域の事例を通して,地下水学会誌,57(4),439-465.
  • 登坂博行,森康二,多田和広,田原康博,山下紘司、 地圏水循環モデルと現象再現性の検証例,地下水学会誌,57(3),335-344.
  • Kitamura, A., Kurikami, H., Malins, A., Okumura, M., Machida, M., Mori, K., Tada, K., Tawara, Y., Kobayashi, T., Tosaka., T., 2015. Redistribution and export of contaminated sediment within eastern Fukushima Prefecture due to typhoon flooding, Earth Surface Processes and Landforms.
  • 森康二,田原康博,多田和広,末岡徹,登坂博行, 流域の視点で捉える水循環モデリングと地下水流動解析データの工学的利用,地盤工学会誌,64(2),697,14-17.
International Conference Proceedings
  • Mori, K., Tawara, Y., Tada, K., Hazart, A., Tosaka, T., 2015. Simulating nitrogen long-term fate and transport processes at a regional scale with a surface and subsurface fully-coupled watershed model, The 21st International Congress on Modelling and Simulation (MODSIM2015), Queensland, Australia from Sunday 29 November to Friday 4 December 2015, 2514-2510.
  • Tawara, Y., Hazard, A., Mori, K., Tada, K., Takeshima, J., Nishiyama, S., Al-Hanbali, A. and Tosaka, H., 2015. Estimating the water and heat budget as an indicator for water resources management using integrated watershed modeling tool, The 21st International Congress on Modelling and Simulation (MODSIM2015), Queensland, Australia from Sunday 29 November to Friday 4 December 2015, 2075-2081.
  • Mori, K., Tada, K., Tawara, Y., Ohno, K., Asami, M., Kosaka, K. and Tosaka, H., 2014. An integrated watershed modeling to assess the long-term fate of Fukushima-derived radionuclides, International Environmental Modelling and Software Society (iEMSs) 7th Intl. Congress on Env. Modelling and Software, San Diego, CA, USA.
  • Hazard, A., Mori, K., Tada, K. and Tosaka, H., 2014. Using surrogate modeling for fast estimation of water budget component in a regional watershed, International Environmental Modelling and Software Society (iEMSs) 7th Intl. Congress on Env. Modelling and Software, San Diego, CA, USA.
  • Mori, K., Tada, K., Tosaka, H., Vonvoris, S. and Fujiwara, A., 2006. A 2-PHASE, 3-D FLOW MODELING FOR THE GAS MIGRATION TEST, 11th International High-Level Radioactive Waste Management Conference (IHLRWM).
Journal Papers
  • Mori, K. Numerical modeling of watershed-scale radiocesium transport coupled with biogeochemical cycling in forests, 2015 AGU fall meeting, Sanfrancisco US, 14th to 18th December
  • Tawara, Y., Mori, K., Tada, K. and Tosaka, H., 2014. Tsunami-induced Sediment Transport Simulation after the Great East Japan Earthquake, 1st International Conference on Computational Engineering and Science for Safety and Environmental Problems (COMPSAFE 2014), Sendai, Japan.
  • Kobayashi, T., Hazard, A., Tawara, Y., Tada, K., Koji Mori and Tosaka, H., 2014. The V&V program for an integrated watershed modeling simulator, 1st International Conference on Computational Engineering and Science for Safety and Environmental Problems (COMPSAFE 2014), Sendai, Japan.
  • Shimada, J., Ichiyanagi, K., Kagabu, M., Saita, S. and Mori, K. 2012. Evaluation of long-term artificial groundwater recharge through leaky rice paddies with a 500 year history. 39th Congress of the International Association of Hydrogeologists (IAH), Sherton on the Falls Conference Centre, Ontario, Canada, 12 – 16 Spetember 2012.
  • Ichiyanagi, K., Shimada, J., Kagabu, M., Saita, S. and Mori, K. 2012. Simulations of Tritium age and δ18O distributions in groundwater by using surface-subsurface coupling full-3D distribution model (GETFLOWS) in Kumamoto, Japan. 39th Congress of the International Association of Hydrogeologists (IAH), Sherton on the Falls Conference Centre, Ontario, Canada, pp. 917-923.
  • Mori, K., Tada, K., Tawara, Y. and Yamashita, K., Sato, S. and Tosaka, H. 2010. Large-scale Terrestrial Fluid-Flow Modeling to Predict the Climate Change Impacts on Regional Water System, IAHR International Groundwater Symposium 2010, Valencia .Spain, 22th – 24 th September 2010.
  • Tosaka, H., Mori, K., Tada, K., Tawara, Y. and Yamashita, K., 2010. A General-purpose Terrestrial Fluids/Heat Flow Simulator for Watershed System Management, IAHR International Groundwater Symposium 2010, Valencia .Spain, 22th – 24 th September 2010.
  • Tawara, Y., K Mori, K., Tada, K., Shimura, T., Sato, S., Yamamoto, S. and Hayashi, H. 2010. A Validation study for the gas migration modelling of the compacted bentonite using existing experiment data, 4th International Meeting of Clays in Natural & Engineered Barriers for Radioactive Waste Confinement. 4th Int. Mtg., Nantes, France.
  • K Mori, K., Tada, K., Uchiyama, Y., Yamane, M. and Tosaka, H. 2010. Development of the Surface and Subsurface Fluid-Flow, Sediment Transport and Landform Change Coupled Water Reservoir Model, 10th Symposium on Stochastic Hydraulics & 5th International Conference on Water Resources and Environment Research, Quebec, Canada, July 5-7, 2010.
  • Mori, K., Tada, K., Ito, Y. and Tosaka, H. 2008. A High Performance Full-3D Nutrient Transport Modeling based on the Surface water and Groundwater Coupling Technique for the Water Quality Assessment: An Application to the Lake Kasumigaura, Japan, International symposium on Hydro Change 2008 – Hydrological Changes and managements from headwater to the ocean, Kyoto, Japan.
  • Koji, M., Kazuhiro, T., Hiroyuki, T., Shuichi, O. and Ai, F. 2005. A discussion of the applicability of water/air two-phase flow modeling to in-situ gas migration behavior in engineered barrier system, Clay in Natural & Engineered Barriers for Radioactive Waste Confinement, 2nd International meeting, March 13-18, Tours, France.
  • Iwai, T., Mori, K., Tada, K. and Ito, Y. 2005. A discussion of applicability of the 3D numerical modeling technique for the groundwater remediation and water resource management in Oman, Secound Oman-Japan Symposium.
  • 竹島淳也,西山昭一,森康二,多田和広,田原康博,柿澤展子,飯山敦子:地圏流体モデリング技術による国土地中熱ポテンシャルデータベースの開発,日本地熱学会平成 27 年学術講演会, 2015.
  • 田原康博,森康二,多田和広,竹島淳也,西山昭 一,舘野正之:水・空気・地盤系における地中熱交換シミュレーションと有効熱伝導率の評価,日本地熱学会平成 27 年学術講演会, 2015.
  • 森康二,多田和広,田原康博,柿澤展子,飯山敦子,竹島淳也,西山昭一:国土スケール水・熱循環モデリング,日本地熱学会平成 27 年学術講演会, 2015.
  • 多田和広,森康二,田原康博、吉田堯史、柿澤展子、飯山敦子、山田正,登坂博行:日本列島の水循環解析,土木学会第23回地球環境シンポジウム, 2015.
  • 森康二,田原康博,多田和広,山田正,登坂博行:流体・熱・化学物質・土砂の同時輸送過程を考慮した統合型流域モデリング,土木学会第23回地球環境シンポジウム, 2015.
  • 田原康博,森康二,吉田堯史,山田正,登坂博行:北海道沿岸域における淡水性地下水の海底湧出に関する一考察,土木学会第23回地球環境シンポジウム, 2015.
  • 田原康博, 森康二, 多田和広, 柿澤展子, 小林嵩丸,櫛渕みちる,登坂博行,2014:マルチスケール系を対象とした物質・熱の輸送挙動を解析する汎用シミュレータGETFLOWS, 応用生態工学会 第18回研究発表会講演集, PA-03, 29-32.
  • 森康二, 田原康博, 多田和広, 登坂博行, 2014: 流域における物質・エネルギー輸送場の3次元数理モデリングと生態系分野への応用可能性, 応用生態工学会 第18回研究発表会講演集, C-18, pp243-246.
  • 森康二, 多田和広, 田原康博, 登坂博行, 2014: 流域スケールにおける窒素移動過程の数理モデリング, 日本地下水学会2014年秋季学術大会公開シンポジウム, 2014.
  • 森康二, 多田和広, 田原康博, 登坂博行, 2014: ベイドズゾーンにおける熱・物質輸送過程と陸面フラックスの相互関係に関する数値的検討, 日本地下水学会講演会講演要旨, 第2014巻, pp.24-29.
  • 大野浩一, 浅見真理, 小坂浩司, 秋葉道宏, 欅田尚樹, 森康二, 西岡哲, 2013. ダム流域を対象とした放射性セシウムの挙動解析-分配係数の影響について-, 第2回環境放射能除染研究発表会.
  • 大野浩一, 森康二, 浅見真理, 秋葉道宏, 2013. ダム流域を対象とした放射性セシウムの挙動モデル解析と分配係数の影響, 第48回日本水環境学会年会発表要旨.
  • 杉戸弘輝, 西村拓, 加藤千尋, 飯田俊彰, 山下紘司, 森康二, 2013. gamsDBメッシュデータを用いた手取川流域の流出解析, 農業農村工学会大会講演会講演要旨集, 第2013巻, pp.72-73.
  • 田原康博, 多田和広, 森康二, 佐藤伸, 志村友行, 山本修一, 大和田仁, 並木和人, 2013. TRU廃棄物処分システムにおけるガス移行長期挙動解析手法の高度化, 土木学会年次学術講演会講演概要集, 第68巻, No.CS11-047.
  • 森康二, 多田和広, 田原康博, 登坂博行, 2013. 流域水循環系における降下放射性核種の動的挙動解析, 土木学会年次学術講演会講演概要集, 第68巻, No.VII-117.
  • 下山みを, 竹島淳也, 信岡大, 森康二, 登坂博行, 2013. ロックフィジクスの概念を取り入れた地質区分の取り組み, 日本地熱学会学術講演会講演要旨集, 第2013巻, p.126.
  • 森康二, 田原康博, 多田和広, 登坂博行, 2013. 流域水循環系における還元場形成過程の数理モデリング, 日本地下水学会講演会講演要旨, 第2013巻, pp.192-197.
  • 田原康博, 竹島淳也, 登坂博行, 森康二, 多田和広, 西山昭一, 内田洋平, 2013. 都市における地中熱大規模利用時の環境変化と経済性に関する検討(その1), 日本地熱学会学術講演会講演要旨集, 第2013巻, p.124.
  • 多田和広, 森康二, 内田洋平, 吉岡真弓, 藤井光, 山谷睦, 2013. 仙台平野を対象とした陸面熱収支を考慮した水・熱輸送モデルの構築及び地中熱利用に関するケーススタディ, 日本地熱学会学術講演会講演要旨集, 第2013巻, p.128.
  • 内田洋平, 吉岡真弓, 藤井光, 山谷睦, 森康二, 多田和広, 2013. 仙台平野における地中熱利用の可能性評価について, 日本地下水学会講演会講演要旨, 第2013巻, pp.84-87.
  • 向囿光翔, 登坂博行, 森康二, 竹島淳也, 内田洋平, 2013. 都市における地中熱大規模利用時の環境変化と経済性に関する検討 その2, 日本地熱学会学術講演会講演要旨集, 第2013巻, p.125.
  • 森康二, 竹島淳也, 登坂博行, 多田和広, 西山昭一, 2012. 東京都心部における地中熱大規模利用の可能性検討, 日本地熱学会学術講演会講演要旨集, 第2012巻, p.62.
  • 森康二, 多田和広, 田原康博, 山下紘司, 柿澤展子, 西岡哲, 登坂博行, 2012. 5m メッシュ数値標高モデルを用いた津波浸水域の時空間変動シミュレーション, 防衛施設学会平成23 年度年次研究発表会.
  • 田原康博, 佐伯亜由美, 多田和広, 森康二, 志村友行, 山本修一, 朝野英一, 並木和人, 2012. ガス移行データライブラリの開発, 土木学会年次学術講演会講演概要集, 第67th巻, No.CS13-028.
  • 森康二, 多田和広, 田原康博, 登坂博行, 2012. 水・土砂輸送系における降下放射性核種の数理モデリング, 日本地下水学会講演会講演要旨, 第2012巻, pp.168-173.
  • 田原康博, 森康二, 多田和広, 登坂博行, 2012. 津波到来時の土砂巻上げ・堆積過程の数値シミュレーション, 日本地下水学会講演会講演要旨, 第2012巻, pp.46-51.
  • 森康二, 多田和広, 田原康博, 登坂博行, 2011. かん養起源及び年代推定の数値解析に関する一考察, 日本地下水学会講演会講演要旨, 第2011巻, pp.30-35.
  • 齋藤光代, 齋藤光代, 小野寺真一, 郭新宇, 大西晃輝, 清水裕太, 森康二, 吉川昌志, 金広哲,徳増実, 武岡英隆, 2011. 瀬戸内海・燧灘海底部からの被圧地下水流出の評価、日本地下水学会講演会講演要旨, 第2011巻, pp.14-15.
  • 朝野英一, 並木和人, 佐藤伸, 志村友行, 山本修一, 田原康博, 多田和広, 森康二, 2011. 圧縮ベントナイトの再冠水・ガス移行挙動に及ぼす力学影響に関する検討, 土木学会年次学術講演会講演概要集, 第66th巻, No.CS3-022.
  • 田原康博, PERERA E. D. P, 山下紘司, 多田和広, 森康二, 登坂博行, 2011. スリランカ全島の水循環モデリングと水ストレスマップの試作, 日本地下水学会講演会講演要旨, 第2011巻, pp.190-195.
  • 田原康博, 多田和広, 森康二, 佐藤伸, 志村友行, 林秀郎, 朝野英一, 並木和人, 2011. TRU廃棄物処分システムにおけるガス移行長期挙動解析モデルの高度化, 土木学会年次学術講演会講演概要集, 第66th巻, No.CS3-054.
  • 森康二, 多田和広, 佐藤壮, 柿澤展子, 横山尚秀, 内山佳美, 山根正伸, 2011. 森林の水源かん養機能の実態把握と将来予測のための水循環モデル構築, 砂防学会研究発表会概要集, 第2011巻, pp.52-53.
  • 志村友行, 佐藤伸, 山本修一, 森康二, 田原康博, 2011. 逆解析手法を用いた2相流パラメータの同定と力学的挙動の推定方法に関する検討, 日本原子力学会秋の大会予稿集, 第2011巻, No.B41.
  • 多田和広, 山下紘司, 佐藤壮, 田原康博, 森康二, 登坂博行, 土屋信行, 2010. 関東流域圏の水循環モデリング, 日本地下水学会講演会講演要旨, 第2010巻, pp.268-273.
  • 森康二, 福井哲也, 和田安弘, 三浦秀明, 津田信吾, 多田和広, 田原康博, 柿澤展子, 中尾健兒, 登坂博, 2010. 神奈川県秦野盆地の水資源管理モデルの開発, 日本地下水学会講演会講演要旨, 第2010巻, pp.54-59.
  • 森康二, 多田和広, 田原康博, 山下紘司, 佐藤壮, 西岡哲, 登坂博行, 2010. 日本列島の3次元水循環モデル構築の試み, 日本地下水学会講演会講演要旨, 第2010巻, pp.238-243.
  • 多田和広, 森康二, 柿澤展子, 横山尚秀, 内山佳美, 山根正伸, 登坂博行, 2010. 酒匂川流域を対象とした3D基本水循環モデルの開発, 日本地下水学会講演会講演要旨, 第2010巻, pp.48-53.
  • 田原康博, 山下紘司, 森康二, 多田和広, 登坂博行, 2010. 水・物質循環を解析する汎用数値シミュレータのV&V(検証と確証), 日本地下水学会講演会講演要旨, 第2010巻, pp.76-81.
  • 志村友行, 佐藤伸, 山本修一, 田原康博, 多田和広, 森康二, 朝野英一, 林秀郎, 2010. 水‐ガス‐応力連成解析によるベントナイト中のガス移行挙動に関する検討, 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 第65th巻, No.CS7-030.
  • 森康二, 多田和広, 阪上最一, 石原成幸, 2009. 3次元水循環モデリングによる都市河川瀬涸れの発生機構の検討, 日本水文科学会学術大会発表要旨集, 第24巻, pp.15-18.
  • 田原康博, 多田和広, 森康二, 志村友行, 佐藤伸, 山本修一, 朝野英一, 林秀郎, 2009. TRU廃棄物処分システムにおけるガス移行長期挙動評価解析の高度化研究(その1), 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 第64th巻Disk 2号, No.CS5-066.
  • 田原康博, 多田和広, 森康二, 阪上最一, 西岡哲, 土屋信行, 2009. 関東流域圏の水循環モデリング, 日本地下水学会講演会講演要旨, 第2009巻, pp.36-41.
  • 森康二, 多田和広, 柿澤展子, 内山佳美, 山根正伸, 登坂博行, 2009. 相模湖,津久井湖上流域を対象とした3D基本水循環構造モデルの開発, 日本地下水学会講演会講演要旨, 第2009巻, pp.270-275.
  • 酒井直樹, 阪上最一, 森康二, 2009. 豪雨時斜面崩壊実験の地表水を考慮した地下水流動解析, 地盤工学研究発表会発表講演集, 第44th巻, pp.1689-1690.
  • 多田和広, 田原康博, 森康二, 登坂博行, 2009. 地表水‐地下水統合型モデルによる広域水循環系の水利用に関する一考察(その2), 日本地下水学会講演会講演要旨, 第2009巻, pp.138-139.
  • 森康二, 多田和広, 田原康博, 朝野英一, 林秀郎, 登坂博行, 2009. 発熱及び注水条件下における高密度ベントナイト内水分移動機構の詳細解析、土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 第64th巻Disk 2号, No.CS5-046.
  • 森康二, 多田和広, 伊藤洋, 鈴木透, 山根正伸, 2009. 丹沢山地中津川流域における水循環モデルを用いた地表水の空間解析, 景観生態学, 第13巻1/2号, pp.23-28.
  • 志村友行, 佐藤伸, 山本修一, 田原康博, 多田和広, 森康二, 朝野英一, 林秀郎, 2009. TRU廃棄物処分システムにおけるガス移行長期挙動評価解析の高度化研究(その2), 土木学会年次学術講演会講演概要集(CD-ROM), 第64th巻Disk 2号, No.CS5-067.
  • 田原康博, 森康二, 林秀郎, 朝野英一, 山本修一, 2008. TRU地層処分システムのガス移行挙動評価に関する予察解析と課題検討, 日本原子力学会秋の大会予稿集(CD-ROM), 第2008巻, p.L40.
  • 千々松正和, 山下亮, 塩崎功, 森康二, 2008. 異なる解析手法によるHLW処分後の連成挙動の比較, 日本原子力学会秋の大会予稿集(CD-ROM), 第2008巻, p.M40.
  • 井尻裕二, 多田和広, 田原康博, 森康二, 登坂博行, 伊藤成輝, 丸井敦尚, 2008. 沿岸域における塩淡境界評価技術の高度化研究(その2)幌延沿岸域における広域地下水流動の評価,日本地下水学会講演会講演要旨, 第2008巻, pp.222-227.
  • 多田和広, 田原康博, 森康二, 登坂博行, 井尻裕二, 伊藤成輝, 丸井敦尚, 2008. 沿岸域における塩淡境界評価技術の高度化研究(その1)幌延沿岸域を対象とした広域地下水流動モデルの構築, 日本地下水学会講演会講演要旨, 第2008巻, pp.216-221.
  • 森康二, 多田和広, 内山佳美, 山根正伸, 登坂博行, 2008. 水源地涵養能の実態把握と将来予測のための陸水・流砂系連成モデリング, 日本地下水学会講演会講演要旨, 第2008巻, pp.2-7.
  • 森康二, 多田和広, 田原康博, 西岡哲, 佐藤裕一, シュレスタ ガウラブ, 佐土原聡, 登坂博行, 2008. 神奈川拡大流域圏における自然水循環挙動の復元可能性の検討, 日本地下水学会講演会講演要旨, 第2008巻, pp.68-73.
  • 久保田富次郎, 松森堅治, 吉永育生, 端憲二, 加藤英孝, 板橋直, 吉永秀一郎, 坪山良夫, 加藤正樹, 森康二, 多田和広, 2007. 流域における農林業環境対策の効果予測を目的とした三次元分布型水・物質モデル, 農村工学研究所研究成果情報, 第2006巻, pp.63-64.
  • 羽染久, 八村智明, 森康二, 八城正幸, 伊藤洋, 2007. 最終処分場候補地選定における地下水流動評価の適用に関する一考察, 廃棄物学会研究発表会講演論文集, 第18th巻2号, pp.667-669.
  • 森康二, 多田和広, 朝野英一, 志村友行, 登坂博行, 2007. 3次元2相流動モデリングによる原位置ガス移行挙動の概念化に関する検討, 日本原子力学会秋の大会予稿集(CD-ROM),第2007巻, p.J31.
  • 内田洋平・石井武政・村岡洋文・玉生志郎・森康二・福岡傭一・登坂博行, 中国・黄河領域における地下水の収支・流動に関する調査研究と水循環モデリング,日本地下水学会 2005年春季講演会講演要旨.
  • 森康二, 登坂博行, 内田洋平, 安川香澄, 大谷具幸, 2003. 3次元地下水流動・熱移流シミュレーションシステム―地中熱利用に関する適用例(仙台平野を例として)―, 日本地熱学会学術講演会講演要旨集, 第2003巻, p.105.
  • 天満則夫, 内田洋平, 大谷具幸, 森康二, 多田和弘, 田仲元, 伊藤洋, 登坂博行, 2003. 仙台平野における地中熱利用に関するシミュレーション, 日本地熱学会学術講演会講演要旨集, 第2003巻, p.39.
  • 内田洋平, 林武司, 宮越昭暢, 大谷具幸,安川香澄,天満則夫,森康二,登坂博行, 仙台平野における浅層地下温度構造について その2.観測結果と3次元地下水流動・熱移流シミュレーションモデル, 日本地熱学会学術講演会講演要旨集, 第2003巻, p.104.
  • 西岡哲, 田仲元, 森康二, 2003. 地域及び世界の水問題の解決を目指して, 第11回地球環境シンポジウム講演論文集, 第11th巻, p.294.
  • 多田和広, 森康二,田仲元、登坂博行, 2003. 非水相流体(NAPL)の地下三相流動パラメータに関する検討,日本地下水学会平成15年度春季講演会講演文集, pp.20-25.
  • 登坂博行, 森康二,多田和広,富森叡,田仲元,西岡哲, 2002. 潮位変動に対する地下水位応答を利用した沿岸地層透水性分布の同定可能性について, 日本地下水学会2002年春季講演会講演文集, pp.46-49.
  • 森康二, 谷口航, 高治一彦, 杉野弘幸, 根山 敦史, 2000. 第2次取りまとめにおける地層処分の工学技術的検討(その5), ― 耐震安定性評価における解析コードの開発と適用性の検討 ―, 土木学会第55回年次学術講演会.
  • 谷口航, 高治一彦, 杉野弘幸, 森康二, 2000. 第2次取りまとめにおける地層処分の工学技術的検討(その6), ―ニアフィールドの耐震安定性評価―, 土木学会第55回年次学術講演会.
Research Articles
  • Mori, K., Tada, K. and Nishioka, T. 2009. Large-scale and high-performance groundwater fl ow modeling and simulation for water resource management in the Yellow River basin, China, Bulletin of the Geological Survey of Japan, vol.60 (1/2), pp.131-146.
  • Muraoka, H., Mori, K., Tamanyu, S., Ishii, T. and Uchida, Y., 2009: Geological model of the Yellow River basin for the long-term groundwater simulation, Bulletin of the Geological Survey of Japan, vol.60 (1/2), pp.117-130.
  • 森康二, 多田和広, 佐藤壮, 柿澤展子, 内山佳美, 横山尚秀, 山根正伸, 2013. 神奈川県水源エリアの3次元水循環モデル, 神奈川県自然環境保全センター報告, 第10号, 215-223.
  • 森康二,多田和広,伊藤洋,西岡哲,山根正伸, 神奈川県宮ケ瀬ダム上流域における水循環モデル解析,丹沢大山総合調査学術報告書.
  • 森康二, 多田和広, 西岡哲, 2007. 地下水循環モデルの構築とシミュレーション, 地質ニュース, 第629号, pp.43-51, 5-6.
  • 天満則夫, 安川香澄, 内田洋平, 大谷具幸, 森康二, 2005. 仙台平野における地中熱利用に関するシミュレーション, 地質ニュース, 第611号, pp.30-37, 5.
Books
  • 嶋田純・上野眞也 編,2016.熊本大学政創研叢書9『湿潤温暖地域における持続可能な地下水利用の実現―水循環基本法の先行地域としての熊本地域での取り組み事例を中心として―』成文堂(第6章分担執筆).
  • 久保田富次郎,松森堅治,吉永育生,加藤英孝,板橋直,森康二,多田和広,2006.農林地における水・物質移動モデルの開発:農林水産省農林水産技術会議事務局「自然共生」プロ研究推進事務局(農工研)編:農における自然との共生II, 2006年12月,pp.41-60.
Awards
  • 日本地下水学会2005年春季講演会若手優秀講演賞.
  • 内田洋平・石井武政・村岡洋文・玉生志郎・森康二・福岡傭一・登坂博行(2005):中国・黄河領域における地下水の収支・流動に関する調査研究と水循環モデリング,日本地下水学会 2005年春季講演会講演要旨.
Lectures / Presentation / Posters
  • JICA国際協力機構(依頼元:独立行政法人水資源機構),平成25年度課題別研修「中東地域総合水資源管理」,講義名:日本の水に関する技術の海外での適用事例の紹介,依頼元:独立行政法人水資源機構.
  • JICA国際協力機構(依頼元:独立行政法人水資源機構),平成26年度課題別研修「中東地域総合水資源管理」,講義名:日本の水に関する技術の海外での適用事例,2015年1月22日.
  • JICA国際協力機構(依頼元:独立行政法人水資源機構),2015年度課題別研修「総合水資源管理(A)」,講義名:日本の水に関する技術の海外での適用事例の紹介,2015年6月9日.
  • JICA国際協力機構(依頼元:独立行政法人水資源機構),平成27年度(地域別研修)「中東地域統合的水資源管理」,講義:日本の水に関する技術の海外での適用事例,平成27年1月22日.
  • IAEA/UNESCO Technical Meeting on Groundwater Contamination following the Fukushima Nuclear Accident, 2014: Multi-scale watershed modeling for Fukushima-derived radionuclide redistribution, Technical meeting on surface water and groundwater contamination following the accident at the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant (F3-TM-49278) 8-10 September 2014 (M0E27), IAEA Headquarters, Vienna, 8 – 10 September 2014. Available at: http://www-naweb.iaea.org/napc/ih/documents/FDNPP%20presentations/14Mori.pdf (accessed 6/2/2015).
  • サントリー水科学フォーラム2013: 地上、地下のつながりに迫る水源域の丸ごとシミュレーション,平成25年10月2日,主催:サントリーグローバルイノベーションセンター(株)水科学研究所.
  • サントリー水科学フォーラム2014: 水科学フォーラム2014「天然水の森を科学する」パネルディスカッション,山田健(サントリー),徳永朋祥(東京大学),森康二,「フィールドとモデルの対話から見えてくるこれまでの研究の統合」,平成26年11月25日,主催:サントリーグローバルイノベーションセンター(株)水科学研究所.
  • 神奈川県秦野市環境セミナー:水循環シミュレーションについて,平成24年5月28日,主催:神奈川県秦野市.
  • 日本地下水学会 地下水流動解析基礎理論講習会,水収支を考慮した解析プログラムについて,平成19年12月12日,主催:日本地下水学会.
  • iRIC Workshop in 札幌,統合型流域モデリングの事例紹介とiRIC搭載ソルバーとの連携利用について,平成27年6月3日,主催:iRIC研究会,共催:土木学会基礎水理部会,寒地土木研究所,Riverlink.