洪水氾濫

災害に備える

台風、豪雨などの気象現象がますます極端化する中、私たちが暮らす街の地形起伏、低地、水域のような地域の特徴、成り立ちを正しく理解することは、避難時の命を守る行動につながる1つの拠り所となります。

国や自治体が公表する様々なハザードマップは、そうした地域毎の特徴を集約した情報の1つです。

BESは、過去の洪水氾濫や土砂災害の被災データ解析と最先端のコンピュータシミュレーション技術を組み合わせ、ハザードマップの進化と命を守る行動に貢献していきます。

実績例

  • 河川洪水、内水氾濫シミュレーション
  • 水害、土砂災害データの特徴解析

水資源

水辺の環境

休廃止鉱山

放射性廃棄物地層処分

洪水氾濫

土壌・地下水
汚染・浄化

その他の自然科学・工学領域